FC2ブログ

黒透明: 80% 50% 30%
白透明: 80% 50% 30%
□(透過)

閉じる

文字サイズを選択してください。

 

 

閉じる

Latest Entries

食べる楽しみは食い意地か? ~牛徳つどい亭~

2019/03/17 18:39

定期開催のゲーム仲間との飲み祭り
今回のテーマは焼き肉
選んだお店は北区の王子にある『牛徳』
全職場の所長であるマーホンさんのお勧めの店
マーホンさんは寿司屋の倅で店は継がなかったものの味覚は鋭い
今まででお勧めのお店がハズレだった例がない
さっそく予約をする事にしたが本店と支店が有った
味は一緒との事なので個室のある支店の『つどい亭』をチョイス

    2019-02-22 2

当然の事ながら先ずは生ビールで乾杯
(*^o^)/☆ヽ(^。^)ノ

    2019-02-22 3

プレモルでないのが少し残念
でもサッポロビールの黒ラベルは嫌いではない
そして肉はモツ系のハツをオーダー
素人でも鮮度や下拵えの状態が分かりやすいからだ

    2019-02-22 5

綺麗な色は鮮度の良さを伺わせる
焦げない様に気を付けて火を通し食す
タレではなく胡麻油が肉の風味を引き立てている

    2019-02-22 6

タン塩は見た目に吃驚した
周りの余分な部分を取り除くとタンには見えない

野菜はチョレギサラダ
胡麻油の風味が良い

    2019-02-22 4

日替りのお勧め限定部位は一人前980円
本日は牛トロと切り落とし

    2019-02-22 7

牛トロは火加減を注意して焼いたら…
口の中で溶けた~♪
切り落としは色々な部位の端っこなのでアソート感がある

美味しいお肉にアルコールも進む
ぷーサン☆は梅レモンサワー
甘酸っぱくて女子受けしそうな飲み物と云う感想
ネコはポッピー白
北区だから当然ホッピーは有るが黒が無いのが残念

    2019-02-22 11

気分が上がってきたので中間のクライマックス
上ハラミ♡

    2019-02-22 8

鶏と豚はお手軽メニュー
でも下拵えが分かり易い
鶏モモと豚カルビも美味しい
コスパも良いと思う

    2019-02-22 10

ここまで食べたけど胃袋には余裕がある
双方ともに美味しい物は最後に食すタイプらしい
通常ならここで脂っこいカルビには手を出さない
ところが…
〆は上カルビを食す事になった

    2019-02-22 9

今までの経験だと最後に脂っこい肉は厳しい
それがペロリと完食出来たのだ

帰宅する電車の中で考えるのは肉とお酒の事
車内の多くの人が携帯端末に没頭している
そんな中で先程堪能した焼く肉の事で頭が一杯のネコ
そこで最近は聞かなくなった台詞を想い出した
『食い意地がはっている』

そんな気持ちがあるから美味しい物に巡り合える
二度とは食べられない祖母のお赤飯の味も覚えている

訪れる事が出来るお店は少ないけど
牛徳は自分の焼肉屋さんランキングの一位
因みに
二位は浅草の『ぐんまちゃん家』
三位は亀戸の『徳川ホルモン』
地元特別賞は『長興屋』

美味しいお店に出会えるなら食い意地もよいかも



スポンサーサイト
[編集]

スポンサーサイト

関連記事

自由時間

2019/03/11 23:36

新しい職場に通い始めて3ヶ月
通勤と仕事にも少しずつ慣れてきた
毎日の変化に対応するのに必死な期間が終わったと思う
そこで自分の一日を振り返ってみた
元々怠け者で行動的りではない
明日に回せる事は後回しでギリギリになってこなす
夏休みの宿題は31日にやっつけるタイプ

家に帰り着いて一番最初はバロンのトイレ掃除と夕飯
その後はプシュる
たまにはご褒美の缶ビールを開けたりする

    2019-02-21 6

おつまみは器に盛っただけのチキンサラダ
ドレッシングは簡単に柚子酢・醤油・砂糖・オリーブオイルで作る

    2019-02-21 5

そこから自分の自由時間が始まる筈
ところが『そうは問屋が卸さない』とばかりのバロン

      2019-02-20 1

目が合った時から行動を追ってしまう

    2019-02-20 4

ネコをスケッチするコツは丸なんだなぁ
とか
段ボールに入る訳でもなく角が好き?
なんて
つい目で追いかけてしまう

    2019-02-20 3

そんな視線を察したのかの様に寄って来る

    2019-02-20 2

こうして
寝るまでの自由時間はあっと言う間に過ぎるのだ
たかが3時間、されど3時間
こんな過ごし方も幸せなのだろうなぁ



[編集]

スポンサーサイト

関連記事

道後温泉と鯛めし ~松山記20190203~

2019/02/26 23:59

いつもは呑んだくれて夜更かし
でも早起きをして時間を有効に使いたい
伊予水軍太鼓を楽しんだ後は部屋で寝酒をして爆睡
11時前に寝たせいか朝6時にスッキリと目覚めた
日常では有り得ない状態に吃驚した
浴衣で大浴場に向かい朝風呂を楽しむ
その後は浴衣(で朝食
ビュッフェには危ない罠がある
『食べなきゃ損』と思い取り過ぎてしまうのだ
案の定…動けない程食べてしまった
チェックアウトの時間まで1時間ある
そこで、食べて直ぐ横になり牛になる事にした

起きて身支度をしたら次は飛鳥の湯に向かう
内部は道後温泉の本館を模した造りになっている

    2019-02-02 62

入浴のみなら600円也
シャンプー・コンディショナー・ボディソープは完備している
プラス650円を出すと入浴後に大広間で休憩できる
このプランには浴衣とお茶とお菓子が付いている
今回は贅沢をして1,050円を追加した個室のプラン
浴衣・タオル・お茶・お菓子・個室90分で1,650円也

    2019-02-03 56

受け付けをして料金を払い2階に向かう
其々の部屋は愛媛県の工芸品で装飾されている

    2019-02-03 55

五つの個室があり空いている部屋を全部見せてくれる
この時間では3室空いていた
一番人気はパワースポットの部屋
道後温泉の由来を暖簾に表している
一番右の神様の手のひらからパワーが出てると云うのだ

    2019-02-03 50

次の部屋は今治タオルで模られた椿の間
ホッコリと暖かな感じがする
そして最後は白鷺の間

    2019-02-03 51

特産品の水引で作られている
繊細な職人さんの技に見とれてしまう
パワースポットは諦めて白鷺の間に決めた
先ずはお茶と茶菓子が運ばれて来る
菓子は2種類あるのでヒロと違う物を頼みシェアする事にした

    2019-02-03 54
    2019-02-03 53

早速、部屋で浴衣に着替えて大浴場に向かう
お湯は熱めのアルカリ泉
30分毎に『白鷺伝説』のプロジェクションマッピングがある

温泉を堪能した後は暫く白鷺の間でまったり
真冬なのに汗が噴き出て来る
右隅に有った竹細工の団扇が有り難い
これも特産品で300円で売っているらしい

障子を開けるとバルコニーの様になっている
下は道後温泉商店街で面白い眺めだと思った
価値ある90分を過ごして飛鳥の湯を後にする

    2019-02-03 52

次のお楽しみは昼食
鯛めしを食べると決めていたのだ
市電で大街道に向かい『かどや』を目指す
これもヒロがお薦めのお店
ラッキーな事に待つことなく席に案内された

    2019-02-03 58

鯛めしが来る間に日本酒を味わう
朝酒・朝湯は身上潰すらしいが…
朝寝もしてないし、たまになら大丈夫だろう

    2019-02-03 59

愛媛県の鯛めしは2種類ある
東予(愛媛県の東の方)は鯛を炊き込んだご飯
南予(愛媛県の東予ではない所)は鯛刺しをタレに漬けて白米に乗せる
地区の分け方は分からないが西予は聞いた事がない

    2019-02-03 60

食べ方は…
新鮮な鯛と薬味を惜しげもなくタレに入れる
具を白米に乗せてタレをかける
豪快にかき込む

    2019-02-03 61

食べ方は少しアレンジした
でも、そんな事は問題にならないくらい美味だった♪

楽しい事ばかり
日常を忘れる
そんな三日間が終わった

家に帰るまでが遠足だからね

そんな言葉を交わし
ヒロはネコを見送りJR松山駅に向かった
ネコはリムジンバスに乗り松山空港に向かう
日本の翼に運ばれて東京に帰るのだ

飛行機の窓からは街の灯が見える
その夜景は綺麗なのだが現実に引き戻される

明日は、また…
いつもの日常が繰り返されるのりだなぁ




[編集]

スポンサーサイト

関連記事

瀬戸内海を味わい尽くす ~松山記20190202~

2019/02/19 22:55

道後の地ビールでほろ酔い加減
メインのお店に向かう
ヒロが選んでくれたお店は魚武
地元の日本酒も味わえる

    2019-02-02 48

先ずは5点盛りのお造り
新鮮な魚が船に乗ってやって来た

    2019-02-02 42

合わせる飲み物は辛口の冷酒
川之江の純米酒をチョイス

    2019-02-02 41

フルーティーと云うよりしっかりした味わい
メニューには超辛口と書いてあったが結構甘味がある

    2019-02-02 43

シマアジのお造り
先程まで生け簀を泳いでいたのだろう
瞳がキラキラと輝いている
こんな時は魚と目を合わせてはいけない
何故なら、食し難くなるからだ

    2019-02-02 44

イカのお造りは歯ごたえも良く甘味がある
日本酒も進み道後の純米吟醸酒を追加する

    2019-02-02 45

サラダは魚武サラダ
海鮮のサッパリとした爽やか系
ドレッシングも良く合っていた

    2019-02-02 46

これだけ食べても更に追加する
じゃこ天は今までに何度も食べている
でもジャコフライは初めて

    2019-02-02 47

お酒のアテでも晩ご飯の主菜でもイケる
ふっくらと柔らかなジャコのすり身のフライなのだぁ♪

       2019-02-02 40

満腹&満足でお店を後にする
ご馳走様でしたぁ~♪
時刻は夜の8時45分
コンビニで寝酒を購入して椿館に戻る

早い時間に宿に戻るのは理由が有るのだ
年間をを通して週末に開催しているイベントを見る為だ
コンビニで購入した寝酒を部屋の冷蔵庫に入れてロビーに向かう
そのイベントは伊予水軍太鼓

    2019-02-02 49

30分間のパフォーマンス
プロではなく保存会の方達の演奏
迫力もありクオリティーが高い
迂闊に写メを撮れる雰囲気ではない
気合の入った演奏にはストーリーがある

故郷や家族の為に出陣する
出陣に際して武運を祈る
遠くで戦う大切な人の無事を祈る
勝利に対する歓喜


それを和太鼓で表現するのだ
とても良い物を見せて頂いた
お陰様で気分良く部屋に戻り寝酒を楽しむ事が出来た

明日も温泉と美味しい料理を楽しむのだ
その為には早めに寝るのが宜しかろう




[編集]

スポンサーサイト

関連記事

浴衣で散策 ~松山記20100202~

2019/02/15 21:11

JR松山駅で友人のヒロと待ち合わせ
程良い時刻になったので市電で駅に向かう
予讃線の特急列車『しおかぜ』が駅に到着した
先ずは椿館にチェックインする為に市電で道後温泉駅に向かう
市電は松山市民の足になっている
幹線道路を走る自動車と共存しているのに感動する

    2019-02-01 40

椿館へは商店街を抜けていく
商店街の終わりには道後温泉本館がある
現在は正面入り口からは入れない
写真は右斜めから撮るのがベストらしい
丁度よい目印はマンホールの蓋
地元のボランティアガイドさんに教えて貰った

    2019-02-02 43

建物の左に回り込むと現在出入りに使う玄関口がある
「2月から火の鳥コラボをやってるんょ」
「夜の6時からプロジェクションマッピングがあるけん」
アニバーサリーで手塚治虫さんとのコラボらしい

    2019-02-02 41

ヒロからの情報で6時にはこの場所に来る事にした
その場所から左奥に行くと椿館がある
予約の部屋は3階にで大浴場は2階
部屋にはネコのキャリーバッグが置かれていた
使い込んで汚れたバッグは大切に扱われた事だろう

先ずは大浴場でお湯に浸かる事にした
有難い事に入浴客は少なくて貸し切り状態
少し温めのお湯の中で手足を思い切り伸ばした
気持ち良く温泉を楽しんだ後は浴衣で過ごしたい
でも…この後は商店街を散策する予定
私服を着込んだ方が良い筈
どうしようかなぁ?
少し悩んだが浴衣に丹前で散策する事にした

先ずは夕暮れの道後温泉商店街を散策する
今治名産のタオルや宇部焼の瀬戸物
愛媛の名産品が並ぶ店の中にジブリのお店があった
そのお店近くのコンビニで『あの豚さん』が休憩していた

      2019-02-02 19

ポーズまでとってくれた豚さんの完成度は高い
後で一緒に写真を撮れば良かったと後悔した

お土産をチェックしたが購入はしない
これから夕食の予約をしたお店に行くからだ
明日のチェックアウトした後でこの道を通る
その時に購入した方が良い
手ぶらで道後温泉本館に向かう
プロジェクションマッピングは5分程で終了
夕食を予約している19時までは小一時間ある

    2019-02-02 20

そこで近場のお店で時間を潰す事にした
地ビールのお店『道後麦酒館』

    2019-02-02 21

麦酒には小説『坊ちゃん』の登場人物に因んだ名前が付いている
コクがあり軽やかな味わいのマドンナ
爽やかでフルーティーなのぼさん

    2019-02-02 22

おつまみは軽めにしてじゃこ天
この後にはメインが控えている

ゆっくりと味わったが、まだ時間がある
それならと…
たこわさを追加して残りの2種類も味わう事にした
コクと香りのバランスが良い坊っちゃん
香ばししいがまろやかな漱石

    2019-02-02 23

ビールを味わっていたら予約の時間が近づいて来た
これから瀬戸内海の海の幸を味わうのだぁ~♪




[編集]

スポンサーサイト

関連記事


スポンサー広告

ツイッター

人気ページランキング

カスタムCSS